ネイルアートの授業のご紹介

皆さん、こんにちは
ビューティスペシャリスト科の2年のネイルアートの授業にお邪魔しました。

テーマはドットと線、ドットだけでフラットアートを考えるという課題を通して、普段目にするデザインや柄などを意識することでアイデアの引き出しを増やすとともに、ドットや線を描く基本をもう一度しっかり見直すことの大切さをご指導いただきました。

IMG_0304

IMG_0307

 


デモンストレーションではネイルチップに描く際のネイルホルダーの向きについて注意がありました。
実習中、ついつい自分の塗りやすい、描きやすい角度に持ち変えている姿も。
講師の先生から実際にお客様のネイルに施術する際、ネイルの向きや手指の稼働域に制限があることを常に頭に置いてトレーニングに当たることが大事とのお話がありました。

IMG_0310

IMG_03092


また、筆などの道具の選別も縦線を描くには適していても横を描くには爪がアーチ状でそれなりのテクニックが必要なことがあるなど、描き方のトレーニングも常にいろいろな施術の状況をイメージして取り組むことが現場に出た際に大きな差になって現れるとのアドバイスもありました。
IMG_0303IMG_0302


上級資格取得を目指すだけではなく、お客様に喜んでる頂けるご提案がしっかりとできるためには基本が大事。
学生に皆さん、
次回の授業が楽しみですね。