式場選びでプランナーが決め手となることもある!

プランナーとして働くために必要な資格などはありません。しかし、お客様にとってプランナーが式場選びを左右する、重要な要素となることがあります。


結婚式はプランナーと作り上げていくもの

結婚式はプランナーと作り上げていくもの

満足のいく結婚式を挙げるためには、式場選びから始まって、参列者のピックアップ、衣装選び、引き出物選び、演出決めなど、たくさんの準備が必要になります。

その一つ一つを決めていくのは、新郎新婦にとって大変な作業です。だからこそ、結婚式のプロである「プランナー」がしっかりとサポートを行う必要があります。

プランナーが時には的確なアドバイスをすることで、それぞれの要望を上手く取り入れながら結婚式の段取りを決めていくことができますし、スケジュール通りに準備を進めることができます。


結婚式におけるプランナーの役割とは

結婚式におけるプランナーの役割とは

結婚を決めた2人の前途を祝福する結婚式。その結婚式をプロデュースしていくのが、プランナーの仕事です。新郎新婦が希望を書き込んだプランニングシートを元に、予算とも照らし合わせながら結婚式のイメージを作り上げていきます。

最初は漠然としたイメージだったものが、ヒアリングをしっかりと行うことで、やりたいことやこだわりをはっきり見えるようにしていくのがプランナーの腕の見せ所です。

プランナーの仕事は結婚式のプランを作り上げるだけではありません。結婚式当日には、事前に決めたプラン通りに式が問題なく進行できるようにチェックしたり、時には新郎新婦の緊張を和らげたりと様々なことが求められます。当日のイレギュラー対応なども、プランナーが臨機応変に対応する必要があります。

結婚を控えているカップルは、会場や料理の良さだけでなく、自分たちの結婚式を安心して任せることができるプランナーの存在など総合的に見て判断しています。だからこそ、満足できる式を挙げられるかどうかは、プランナーにかかっていると言っても過言ではありません。将来プランナーとして活躍したいと考えている方は、結婚式におけるプランナーの重要性をしっかりと理解しておく必要があります。

ブライダル専門学校などでしっかりと知識を身につけて、お客様に選ばれるプランナーになれるように努めましょう。

【YIC京都】はブライダルに関するすべてを学べる専門学校で、即戦力となる人材育成に尽力しております。また、【YIC京都】はブライダル科以外にも様々な美容の知識が学べる学校です。その強みを活かしてブライダル以外にも美容全般の知識を得ることができます。

お役立ちコラム

ブライダルの専門学校をお探しの方は【YIC京都】