ブライダルプランナー検定について

ブライダルプランナー検定について

ブライダル業界に関する資格はいくつかあります。中でも「ブライダルプランナー検定」は、ブライダル業界での就職を目指す多くの方が受験しています。業務経験を持たない方、これから活躍したいと考える方が、アシスタント・ブライダルプランナー(ABP)の資格を目指すための関門でもあります。

ブライダルプランナー検定の概要

ABC協会(全米ブライダルコンサルタント協会)は、欧米のブライダル業界で活躍するプランナーで構成される世界最大規模の団体です。ブライダル業界で求められる知識と能力を認定するため、全国一斉に試験を行っています。

2級・1級で出題される内容

2級では、日本と欧米、それぞれのブライダル業界で必要な基礎知識を問う問題が出題されます。神前・教会・人前挙式の知識、衣装やフラワーコーディネートなどの関連業務に関する知識、欧米でのリハーサルウェディング・当日のセレモニー・レセプションなどが出題内容となっています。1級では、実践的な問題が多く出題されます。実務における新規顧客・決定顧客への対応、見積作成などのプランニング力、宗教に基づいたセレモニーの進行や慣習への理解力、接客応対、言葉遣いなどが出題内容です。

アシスタント・ブライダルプランナー(ABP)

検定試験を受験して1級に合格すれば、協会に申請後、アシスタント・ブライダルプランナー(ABP)の認定を受けることができます。この資格を取得すれば、一定レベルの実力を持っていることの証明になり、ブライダル業界への就職に役立つでしょう。


京都にある専門学校・YICのブライダル科では、ブライダルプランナー検定の2級・1級を目指すことができます。また、ABC協会認定ドレススタイリスト検定・ブライダルフラワーコーディネーター検定・メイクアップ技術検定試験・サービス接遇検定など、さらに就職を有利にする資格も取得可能です。京都でウェディングプランナー・ブライダルコーディネーターを目指すなら、YICが全力でサポート致します。

関連リンク