オープンキャンパス 資料請求

よくある質問

入試について

入学資格を教えてください。

大学入学資格すなわち高等学校卒業者以上(卒業見込み者を含む)の資格が必要です。また、文部科学省が実施する高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定)合格者(合格見込み者を含む)も入学できます。

入試にはどのような方法がありますか?

AO入試、専願推薦入試、一般入試、指定校推薦入試と社会人入試があります。また授業料が一部免除となる特待奨学生選抜入試もあります。詳しくは広報課までお問い合わせください。

入試では、どのような選考が行われますか?

入試方法によって異なりますが、基本的には、書類選考・面接試験・各科別適性試験で選考します。特に、面接では、志望動機、就学における心構えなど基本的な質問内容ですので、緊張せず日頃考えていたことをしっかりと表現して下さい。

大学卒業者、社会人でも入学できますか?

もちろんできます。毎年十数名の方が入学されています。

学費について

初年度学費はいくらですか?

学科によって異なりますが、103万円です(入学金を含む)。学費の他に教科書、実習服、実習材料などの「教材費」(美容科:374,000円 ビューティスペシャリスト科:370,000円 ブライダル科:300,000円/年間)が必要になります。

学費の支払いが心配なのですが、教育ローンを利用できますか?

国民金融公庫や郵便局、民間金融機関など、さまざまな教育ローンが利用できます。申請手続き完了後、実際に融資を受けられるまで、約2∼3週間必要となりますので、ご利用の場合は各機関へ早めにお問い合わせください。

学費の延納や分納の制度はありますか?

諸事情(教育ローンの審査等)により学費の延納や分納を希望される場合は、経理課までご連絡ください。ただし、納入の期限・金額については、本校規程によるものとします。

奨学金を受けられますか?

本校は日本学生支援機構(日本育英会)奨学金の認定校です。ただし、申込時期は入学後になりますので、学費に充当することはできません。募集人員には制限があり、申込者すべてが採用されるわけではありません。詳しくは本校学生支援課までお問い合わせください。

学びについて

1日の授業は何時から何時までですか?

午前9時から始まり、午後4時10分に終了します。(1時限90分授業で4時限、曜日によっては3時限の日もあります。)

一週間の授業数を教えてください。

基本は1日4時限(曜日によっては3時限)月∼金曜日までの5日制で週18時限ですが、補講や資格対策講座などで、4時限目や土曜日を利用することもあります。また校外研修等で日曜日に登校することもありますが、その場合は平日に振替休日を設けます。

定期試験はありますか?

本校は前期・後期の2期制のため、原則として9月と2月に期末試験があります。必要に応じて中間試験が実施される科目もあります。試験を受験するには、各期間内の出席率80%(自動車整備関係90%)以上が必要です。

資格取得のための対策講座などはありますか?

あります。例えば危険物取扱者やカラーコーディネーター検定など、授業での指導はもちろん、学科別にあるいは学科を問わず、希望者別の対策講座なども実施しています。昨年度は、MicrosoftOfficeSpecialist(Word・Excel・Access)、CAD利用技術者、商業簿記検定、色彩検定、工業英検の各講座を開講しています。

卒業後、大学に編入することはできますか?

可能です。平成10年の学校教育法改正により、一定の条件を満たした専修学校の修了者が4年制大学へ編入学することが認められました。編入試験や単位の認定、換算などをどう行うかはそれぞれの大学で決定されますが、手続きなどは本校で指導します。

学校生活について

地方出身者の割合はどのくらいですか?

年度によってばらつきがありますが、約1/5の学生が近畿圏外の都道府県より入学しています。

学割は利用できますか?

利用できます。JR及び私鉄、地下鉄、バスなどの通学定期はもちろん、帰省などの長距離乗車券にも学生割引が適用されます。ただし、長距離乗車券の場合、距離によって適用されないこともあります。

バイクでの通学はできますか?

自動車、バイクによる通学は認めておりません。自転車については登録制で許可しています。

アルバイトは認められていますか?

禁止はしておりませんが、遅刻や欠席など就学に差し障りがある場合、明らかに学力低下が見受けられるような場合には、控えるように指導を行っております。

就職指導はしてもらえますか?

専任スタッフ及び担任による就職相談を行っています。早期から継続的に就職ガイダンスを実施し、個人面談や適性診断を行うなど、就職活動に関するあらゆる面でのサポートを行うととともに、学生一人ひとりへの具体的な就職アドバイスを行っています。また、最新の採用状況を知るため、学生が自由に利用できるインターネット環境や求人票の閲覧ができます。

YICサポート制度(学費等免除制度)について

特待奨学金制度

AO第1回選考からAO第3回選考、ならびに第1次入試から第3次入試に出願する者で、人物・学力ともに優れ、かつ経済的な理由で学費の免除を希望する者に対して、授業料の一部を免除する制度です。

選考方法:一般常識・面接・書類審査

特待奨学生S:初年度授業料より20万円を免除
特待奨学生A:初年度授業料より10万円を免除
特待奨学生B:初年度授業料より5万円を免除
※最大50名採用予定

ファミリーサポート制度

本校及び姉妹校の在学生または卒業生に親・子・兄弟姉妹がいる入学者に対して、初年度授業料のうち5万円を免除します。

ひとり暮らしサポート制度

本校に入学するにあたって、通学が困難であり(公共機関の利用時間が概ね2時間以上)ひとり暮らしせざるを得ない者に対し、在学期間中毎月5,000円を補助します。ただし、親族・知人宅等への下宿者や友人との同居者は除きます。

就学支援制度

大学・短大・専門学校卒業生、卒業見込生・社会人(3年以上就業)であり、本校で更に専門技術・知識を身に付けようとする向学心のある方が入学される場合、初年度授業料より10万円を免除します。

奨学生制度

本校専願で出願し、経済的事由により学費減免を希望する者の場合、初年度第2期学費より200,000円を免除します。

各種制度・問い合わせ先

企画広報室
〒600-8236 京都市下京区油小路通塩小路下る西油小路町27番地
TEL 075-371-4040 FAX 075-343-3821
E-mail:info@yic-kyoto.ac.jp

学校名 YIC 京都ビューティ専門学校
住所 〒600-8236 京都府京都市下京区油小路通塩小路下る西油小路町27番地
TEL 075-371-4100
URL http://www.yic-kyoto-beauty.ac.jp/

YIC京都独自の学費サポート

再進学を考えている方へ YICサポート制度
日本学生支援機構 奨学金制度
国の教育ローン 日本政策金融公庫

YIC京都で利用できる教育ローン

Orico Webで安心・便利なお支払いプラン 学費サポートプラン
JACCS 分割クレジット WeBBy ご案内ページはこちらをクリック!
三井住友フィナンシャルグループ セディナ学費ローン お申込みはこちら
Twitter Facebook LINE@ Instagram YouTube 外国人留学生はこちら
   
Twitter Facebook LINE@
 
Instagram YouTube 外国人留学生はこちら

MENU

電話075-371-4100