YIC京都ビューティ専門学校
YIC京都ビューティ専門学校
アクセス
オープン
キャンパス申込
個別相談会
申込
資料請求
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン
  • instagramアイコン
  • youtubeアイコン
  • lineアイコン
  • 検索ボタン

ブライダル科2年生による感謝を込めた模擬披露宴!

皆さん、こんにちは
今回はオープンキャンパスにで行われたブライダル科2年生が企画した「模擬披露宴」の様子をご紹介します。
YIC京都のブライダル科に入学しておよそ1年半、ウェディングプランニング、セレモニープロデュースやブライダルマーケティング、フラワーコーディネート、ドレス・着付け、メイク・ネイル、ヘアアレンジ、音響・照明、ビジネスマナーなど授業で積み重ねてきた学びを今回、「模擬披露宴」で披露することになりました。
これまでご指導いただいた先生方、見守ってくださったご家族の皆さま、これからお世話になる企業の皆さま、これからブライダル業界、ブライダルプランナーを目指す高校生の皆さんに披露する当日を迎えました。

ブライダル科模擬披露宴

ブライダル科模擬披露宴

 

先ずは2年生でミーティング。本日のスケジュールの確認について申し送りが行われました。

ブライダル科模擬披露宴

ブライダル科模擬披露宴

ブライダル科模擬披露宴

朝のミーティングを終えたら、皆でバンケットホール、フロアを掃除、そして装飾の仕上げ、テーブルの配置、席次表と座席、音響・照明など入念にチェックをしました。

ブライダル科模擬披露宴

ブライダル科模擬披露宴

ブライダル科模擬披露宴

ブライダル科模擬披露宴

ここで今回の模擬挙式のコンセプトについてご紹介。
テーマは「結」。
新郎新婦のプロフィールとして遠距離恋愛から結ばれたお二人をイメージしてプランニング
遠くで同じ空を見上げていたお二人。
繋がっていた赤い糸を固く結ぶ。
繋がりを大切にお世話になった方々へ感謝の気持ちを伝えたい。という思いから
同じ空の下で繋がっている縁の糸を結ぶ披露縁にしたい。という企画の下で準備を進めてきました。
「結」〜空で繋がる〜というサブタイトルからテーマカラーは青空のような「」と運命の赤い糸の「」になりました。
先日行われた模擬披露宴のプレゼンテーションの記事もぜひ、チェックしてみてくださいね。

 

今回の模擬披露宴はコンセプトから装飾、衣装選び、ヘアメイク、着付け、選曲・音響、照明、司会進行、新婦役などをブライダル科2年生の学生らが全て担当しました。
会場の準備も整い、アテンドなどサポートしてくれるブライダル科1年生も一緒に最終ミーティングを行いました。
本日のゲストの出欠状況の確認や進行チェックなど最終打ち合わせを行い、新郎新婦のお支度、受付、テーブルウエアなどの準備へ。

1年生も入り口からゲストの皆様のアテンドなどをお手伝い。
開場時間になるとゲストの皆様をバンケットホールにご案内して、いよいよ新郎新婦の入場です。
新郎新婦が入場される際にはゲストの皆様に受付でお一人おひとりにお渡ししたテーマカラーのブルーリボンが付いたリボンワンズを振って新郎新婦を迎えていただきました。リボンには「絆」、「約束」の意味があるそうです。

新郎新婦のウェルカムスピーチからはじまり、主賓祝辞、お二人のプロフィール紹介、乾杯の挨拶と続きます。
新郎新婦の通っていた学校の校長先生による「乾杯っ!」のご発声でと共に披露宴会場は大きな拍手に包まれました。

続いてウェディングケーキセレモニー「カラードリップ」からの「ファーストバイト」へ。
「カラードリップ」は新郎新婦にケーキにカラフルなフルーツソースをかけてウェディングケーキを完成させる演出。ケーキカットとは違い「ご縁を結ぶ」という今回の企画にぴったりな演出でした。

歓談がスタートするとともに司会からのアナウンスで高砂席の後ろにゲストの皆様へ新郎新婦からのメッセージカードが飾られていました!
皆様との出会いに感謝し、ご縁を繋いでいただくよう、ゲストの皆様には新郎新婦の結婚証明書にリボンを結んでいただきました。
披露宴の後半は素敵なタキシード姿の新郎とブルーの素敵なドレス姿の新婦の入場でスタート。
新郎の愛車に跨がって登場!
お二人にBIGクラッカーで会場を盛り上げる演出は大成功!
披露宴後半は「フォトラウンド」でスタートしました。フォトラウンドは披露宴中に新郎新婦がゲストがおられる各テーブルをまわってゲストと一緒に写真を撮る演出です。

披露宴も終盤。
新郎から新婦へのご友人やお世話になった方々からのサプライズビデオメッセージ&公開プロポーズのサプライズ

新郎から新婦へ手渡された真っ赤なバラの花束。
ギリシャ神話に登場する愛と美の女神アフロディーテの誕生と共に生まれた花がバラだと言われていて、中でも赤いバラには「あなたを愛しています」というメッセージが込められているそうです。

披露宴のクライマックスは新郎新婦からご家族へのお手紙。
これまで家族と過ごしてきた感謝の気持ちを言葉にして伝える新郎新婦のメッセージはとても素敵でした。
お手紙は花束を添えてお母様に贈られました。

披露宴の締めくくりは新郎から皆様への感謝の意が込められた「謝辞」。
飾らない言葉で素敵な時間を過ごせた感謝のメッセージでお開きに。
披露宴の最後にブライダル科2年生ひとり一人から先生方やご家族、本日お集まりくださったゲストの皆様へ感謝のご挨拶。

学生からのメッセージに感動した先生方やご家族の皆様の目にも涙が溢れていました。
皆さんに感謝の気持ちが伝わる感動の披露宴になりました。
最後は新郎新婦がゲストの皆様を笑顔でお見送り。新婦からは謝の意を込めたプチギフトが手渡されていました。
外に出ると今回の披露宴のコンセプトにぴったりな青空と白い雲が広がっていました。

この度の模擬披露宴にお越しいただきました高校生の皆さん、企業の皆様、ご家族の皆様、講師の先生方に厚くお礼申し上げます。


ブライダル科の学生の皆さん、本当に素敵な披露宴でした。
お疲れ様でした。
これからも素敵なブライダルのスペシャリストを目指して頑張ってくださいね。
応援しています。