ブライダル|YIC京都で学ぶ学生&卒業生メッセージ

YIC京都のブライダル科からウェディングプランナーが誕生!

ウェディングプランナーは今や専門学校ができるほどメジャーな仕事となりました。

もともと、ウェディングプランナーはアメリカで生まれた職業です。アメリカの結婚式ではホームパーティーがメインで、親族や友人が式の準備を手伝うのが一般的でした。しかし、準備を家族や友人だけで行うのは簡単ではなく、その負担を軽減するために結婚式をサポートするプロが生まれたのです。そんなウェディングプランナーが日本で誕生したのは、結婚式が多種多様になってきた1980年代のことです。その頃は、オリジナリティあふれる結婚式を希望する方が増え、これまでの結婚式とは異なるスタイルが求められていました。その要望に応えるために、結婚式全体を指揮するウェディングプランナーが徐々に浸透していったのです。
YIC京都のブライダル科で学んだ卒業生が現役のブライダルプランナーとしてゲストハウスやホテル、結婚式会場で活躍しています。

「リアルウエディング」が今の仕事の原点になっています。

sasaki
株式会社京都ホテル
ブライダルプランナー
佐々木さん
ブライダル科卒業

現在、ブライダルサロンにてお客様からのお問い合わせや初めてホテルにいらっしゃる方のご案内と挙式当日までのサポートの他、ブライダルフェアのコーディネートなど企画にも携わっています。
人生最高のセレモニー=結婚式を前にして、ちょっぴり不安そうにされているお客様のプランのご相談に応じ、笑顔で帰られるのを見送るときにやりがいを感じています。YIC京都での一番の思い出は「リアルウエディング」の実習。模擬挙式ではなく本物の結婚式を担当するのですから責任は重大。在学中に2組の挙式を担当した中で、私は披露宴中のキャプテンを務め、何ヶ月も前から打ち合わせを重ね、当日を無事迎えられ、サポートできたことが今の仕事へのステップになりました。このとき、言葉では言い表せられない多くのことを学びました。新郎新婦のお気持ちに寄り添い、いつまでも心に残る感動の挙式をつくり上げるお手伝いがしたい。それが目標です。


安心して結婚式をお任せいただけるブライダルプランナーになること。

morita
京都ガーデンパレス
ブライダルプランナー
森田さん
ブライダル科卒業

入社してすぐにブライダルサロン勤務が決まり、現在はブライダルサロンの営業、宴会、婚礼の予約、ブライダルフェアなどの様子をHPのブログにアップする業務に携わっています。ホテルのブライダルプランナーとしてブライダルご来館されたカップルに京都ガーデンパレスの魅力をお伝えし、お二人にぴったりのプランをご提案するのが、メインの仕事です。YIC京都の思い出はブライダル科で行ったブライダルドレスショーや模擬挙式、卒業前に担当した1組の本当の結婚式「リアルウエディング」では当日の司会進行役を担当したことが印象に残っています。就職活動ではインターンシップで現在の職場と出会い、その後もアルバイトとして業務を覚えていきました。自分に合った就職先を見つけるには、早くから情報を収集しリサーチすることが大切。これからもたくさんの新郎新婦の祝祭の日のお手伝いをし、安心して結婚式をお任せいただけるプランナーになれるよう励んでいます。

目標は安心して結婚式を任せていただけるブライダルプランナー。

kawakami
リバースイート京都鴨川迎賓館
ブライダルプランナー
川上さん
ブライダル科卒業

会社ではブライダルプランナーとして新郎新婦様お二人のサポートをお打ち合わせから前撮りやご結婚式の当日まで行っています。幸せをつかまれたお二人とご一緒に挙式のプランを考え、練り上げていくこの仕事は、新郎新婦とそのご家族にとって特別な1日を任せていただけるお仕事です。お客様からの「ありがとうございます」や「当日までよろしくお願いいたします」と言っていただける時に、信頼されていることを感じられることが魅力のある仕事と感じることができ、がんばろうと思えます。在学中は目標にしていた国家検定ブライダルコーディネート技能検定3級技能士、ABC協会認定ブライダルプランナー1級に合格することができました。YIC京都の学びでは、その他ブライダル関連の資格としてドレススタイリスト検定、サービス接遇検定準一級、ビューティコーディネーター検定3級、コミュニケーション検定上級、ブライダルフラワーコーディネーター検定3級、マナープロトコル3級、日本メイクアップ技術検定3級、ネイリスト技能検定3級、パーソナルカラリスト検定3級、硬筆書写技能検定3級、ビジネス能力検定、ビジネス電話検定など多くの資格・検定にチャレンジして取得できたことが仕事をするうえで自信にもなりました。YIC京都で印象に残っているのは「リアルウェディング」。YIC京都のチャペルでの挙式、京都アランヴェールホテルにて披露宴と本物の結婚式と披露宴を創り上げることができ、クラスの友人たちひとり一人が責任を持って取り組み、団結力と達成感が感じられる授業でした。就職活動では、インターンシップで今の職場と出会い、その後、アルバイトをする機会を得て憧れの職業に就くことができました。就職活動は早くからスタートして、自分にピッタリの仕事を見つけるために、とくに自己分析と企業研究に多くの時間を割くことをおすすめします。「私」はどんな人間かを見つめ直すチャンスです。
新郎新婦様をサポートして、安心して任せていただけるブライダルプランナーになることが目標です。

目標は挙式が終わってもお客様との関係が続くようなブライダルプランナー。

imanishi
アールベルアンジェ富山
ブライダルプランナー
今西さん
ブライダル科卒業

会社の挙式会場内で新郎新婦様お二人のお打ち合わせからご結婚式の当日までのサポート行っています。一生に一度の大切な日なので責任重大で大変ではありますが、お二人とゲストの皆様の笑顔や心から「ありがとうございます」と言っていただけるところはやりがいを感じます。在学中はインターンシップで本物のブライダルプランナーさんの近くでお手伝いすることで授業だけではわからないリアルな部分が見られることが大変参考になり、ウェディングフェアなど現場の緊張感も肌で感じることができたことが大変貴重な経験にもなりました。また、2年間で多くの資格にチャレンジして14の資格に合格、その中でも国家検定ブライダルコーディネイト3級技能士、ABC協会認定ブライダル2・1級、ABC協会認定ドレスコーディネーターに合格することができたことが仕事をするうえで自信にもなりました。
これからの目標は次の秋に新たに完成する金沢の挙式会場で、ご結婚式が終わってからもブライダルサロンにお越しいただけるような関係を築くことができるブライダルプランナーを目指していきたいと思っています。

 

模擬披露宴を終えて|Simulated Wedding

YIC京都の模擬挙式

ブライダル科 中原さん
模擬披露宴を終えて今までにないくらいの大きな達成感を得ることがきでました。入学してから2年間、同じy豪快を目指す仲間と一緒にどんなことも乗り越えてきたからこそ、よい模擬披露宴を創り上げることができたと思っています。企業の方々や学校の先生方、後輩の1年生、ご家族の皆さんをお迎えした披露宴。皆さんに私たちの取り組みを見てもらえて涙が出るほど幸せで改めてたくさんの人に支えてもらっていると実感しました。この模擬披露宴を創り上げていく中で一番私たちのことを考えてくださった喜多村先生、一番楽しみしてくださった岡澤先生、装飾のアイデアを一緒に考えてくださった金山先生、バンケットルームの音響・照明設備を増設してくださった内田先生、その他私たちを支えてくださった先生方がたくさんおられることに感謝するとともに、本当に恵まれた環境の中にいるんだなと感じました。プランニング、照明、音響、装飾、ダンス指導と皆で精一杯創り上げた模擬披露宴で私の心に一番印象に残ったのはダンス。ニューヨークウェディングっぽい演出ができたこととゲストの皆様にとってサプライズの演出ができたことがとても嬉しかったです。装飾を担当して仲間のみんなに貢献できたことが嬉しかったですし、素直に褒め合える仲間に出会えたことがとても嬉しく思います。
ブライダル科で学んだことをしっかりと発揮して会社を代表するくらいの人材になりたいと考えます。この模擬披露宴を通じて、もっと、もっとウェディングが好きになりました。感謝と尊敬の気持ちを忘れずにブライダルプランナーになる夢に向かって頑張ります。

貴重な経験となった「リアルウエディング」|Real Wedding

橋本さん_1080_144ブライダル科 橋本さん
オープンキャンパスでYIC京都の先生のお話や素敵な先輩に憧れを持ってブライダル科でブライダル業界のプロになりたいと思い入学を決めました。
入学して3ヶ月ではじめてプランニングした模擬挙式に取り組み、1年生の2月にはリアルウェディングを経験させていただき、本当の結婚式では責任感や緊張感を感じながらもクラス全員が広い視野をもって行動し、心温まるハッピーウェディングを創れたのは自信にもつながりました。
YIC京都では在学中に国家検定ブライダルコーディネート技能検定3級技能士、ABC協会認定ブライダルプランナー2級YIC京都の学びでは、その他ブライダル関連の資格としてドレススタイリスト検定、サービス接遇検定準一級、ビューティコーディネーター検定3級、コミュニケーション検定上級、ブライダルフラワーコーディネーター検定3級、マナープロトコル3級、日本メイクアップ技術検定3級、ネイリスト技能検定3級、メイクセラピー2級、パーソナルカラリスト検定3級、硬筆書写技能検定3級、秘書検定2級、フードコーディネーターなど多くの資格・検定にチャレンジして合格することができました。目標としていた国家検定ブライダルコーディネート技能検定3級技能士に合格できたことは本当に嬉しかったです。検定合格に向けて勉強していく中でブライダルの深い部分まで知ることができたり、招待状の作成やリアルウエディングにお越しになったお客様への対応も学べました。
お客様の人生のその瞬間、瞬間を輝かせられる心温かい、熱い想いをもったウェディングプランナーになりたいです。

苦手を克服した「リアルウエディング」|Real Wedding

miyake_02ブライダル科 三宅さん
私がリアルウェディングで担当させていただいたのは司会進行役です。もともと内気で人前で喋ったり、初めての方とのコミュニケーションが苦手だったのであえて司会を務めたいと考えていました。皆がブライダルプランナーとしての思いを胸に挙式当日を迎え、改めて本物の新郎新婦様のの結婚式を務めさせていただくことを光栄に思いました。打ち合わせの時から学ぶことがたくさんあって、ヒヤリングの大切さ、新郎新婦様の要望にどれだけ応えられるか、笑顔で当日を迎えられるようにするにはどのように準備を進めればいいかなど私以外の仲間の皆も悩んでいたことと思います。改めて思い返すと「もっとできたはず」と思うことはいっぱいありますが、挙式・披露宴が終わった後に新郎新婦様から「ありがとう」の言葉をいただけたことが何よりも嬉しかったです。
後半の披露宴では私はカメラマンの役割をしながら新郎新婦様やゲストの皆様、それぞれの役割を担うスタッフの様子にレンズを向けて撮影していました。レンズを通して見たスタッフの皆は、手元を動かしながら、ゲストや新郎新婦様の方を笑顔で目をやりながら頑張っている姿をみて、自然と笑顔になれるブライダルの仕事はとても素敵でやりがいがある仕事だと感じることができました。
本当の結婚式である「リアルウェディング」は私のブライダルプランナーの夢の一歩になりました。

お客さまに寄り添った企画ができるブライダルプランナーを目指す

昭和、結婚式場での挙式が徐々に定着

現在、挙式のスタイルとしてよく知られているのは「教会式」「神前式」「人前式」の3つです。実際の結婚式場やプランナーが提案するプランではもっと様々な挙式スタイルを提案する場面もあります。
SNSなどあらゆるウェディングの情報があふれる今の時代、プランナーにはお客様のさまざまな条件やニーズに対応できるコンシェルジュのような対応が求められることも少なくありません。自信をもってお2人をサポートできるブライダルプランナーを目指しましょう。


ブライダル業界デビューに向けて資格対策も万全!

ブライダル業界はこれからもさらなる発展が期待される

ブライダル業界は、時代のニーズにあわせて常に新しいサービスを提供してきました。これからもさらなる発展が予想されます。ウェディングプランナーとして活躍するためにYIC京都ビューティ専門学校のブライダル科では国家検定ブライダルコーディネート技能検定3級技能士、ABC協会認定ブライダルプランナー1級をはじめ、多くのビジネス、ブライダル関連資格の取得を目指すことができます。

ウェディングプランナーの専門学校をお探しなら、京都の【YIC京都】への入学をご検討ください。【YIC京都】はウェディングに関する知識について学ぶだけでなく、美容全般の幅広い知識と技術を学ぶことができる専門学校なので、可能性の幅もさらに広がります。

関連リンク