ウェディングプランナーに向いている人とは

ウェディングプランナーに向いている人とは

YIC京都のブライダル科で学べる、ブライダル・ウェディング業界の魅力、ブライダルプランナー・ブライダルコーディネーター・ウェディングプランナーのお仕事とは?

ウェディングプランナーは結婚を考えるお客様の要望に合わせ、お客様それぞれにぴったりな結婚式をプロデュースする、いわば陰の立役者です。会社によってブライダルコーディネーターや、ブライダルプランナーとも呼ばれています。ブライダル業界は競争率が激しい側面がある一方、結婚式のニーズが多様化する現代では、ウェディングプランナーの価値が高まっています。こちらではウェディングプランナーに向いている人についてご紹介します。

人を喜ばせることが好き

新郎新婦にとって結婚式は人生の中で最大のイベントです。さらに新郎新婦だけでなく、挙式に参列する大勢の人々にも幸せな一時を一緒に過ごしてもらう必要があります。人を喜ばせることが好きな方、人を笑顔にする仕事をしたい方にウェディングプランナーは向いています。

マナー・礼儀のレベルが高い

YIC京都のブライダル科で学べる、ブライダル・ウェディング業界の魅力、ブライダルプランナー・ブライダルコーディネーター・ウェディングプランナーのお仕事とは?

どの業界でも礼儀や言葉遣いなどのビジネスマナーは必要不可欠です。様々な業界の中でも、ブライダル業界は非常に厳しいルールがマナーに設けられています。先述したように、結婚式は新郎新婦にとって人生の中でも特に大きなイベントで、小さなミスも許されません。

そのため、ウェディングプランナーには常にハイレベルのマナー・礼儀が求められます。ブライダルプランナーを目指すのであればブライダル系の学科を持つ専門学校に通いながら、ブライダル関係のアルバイトをするなどして常に人に見られていると意識して行動することを心がけ、さらにビジネスマナーを身につけることが大切です。

プランニング力がある

ウェディングプランナーは結婚式のプランニングから演出、ドレス選びやヘアメイク、式当日の進行など、結婚式をトータルでプロデュースします。そこで求められるのがプランニング力です。

いかにお客様のニーズに沿ったプランニングが出せるかによって、お客様の満足度が大きく変わってきます。

日頃から演出や企画の提案ができ、実行できる方に向いています。

忍耐力が強い

華やかなイメージが強いブライダル業界ですが、想像以上にハードな一面が多々あります。

事前にお客様と綿密な打ち合わせを行い、最高の結婚式を作り上げるため式当日も細かい部分まで気を配る必要があります。また、対人関係の仕事なため、時にはクレームが発生することもあります。

あらゆる状況を冷静に判断し、対応するためにも忍耐力は必要なのです。


YIC京都ではブライダルの基礎知識、美容系の知識・技術、社会人スキルと、ブライダル業界のトップとして輝くためのカリキュラムを学ぶことができます。ブライダル業界への就職を目指す方は、ぜひYIC京都のオープンキャンパスにご参加ください。

関連リンク